Material by MIZUTAMA   /  Template by Ring the Heart
<< 5/14B'z ACTION日本武道館 | HOME | B'z LIVE-GYM 2008 ACTION 2008年6月14日(土) >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
評価:
ニコラス・ケイジ,ケイト・ビーハン,エレン・バースティン,ニール・ラビュート
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
¥ 2,793
(2008-01-23)
久々に、「何じゃこのク●映画はー!!!」と叫べました。orz
いや…ニコラス好きだから借りたんだけど…しかもこれリメイクで元のイギリス映画はカルト映画としてけっこー評判の良い作品らしいんだけど。

あまりにも酷かったんで元作品をちょっと調べてみました。
それで解ったこととして。

余計なアレンジすんじゃねぇ。


もうこの一言に尽きる気が…orz
いや時代考えて現代風にしたとしてもさー…。

ストーリー
行方不明の娘を探すために、白バイ警官のエドワード(ニコラス・ケイジ)は孤島サマーズアイルを訪れ、同島で娘が生活していた形跡を発見する。しかし、島民たちは娘の存在を否定し、真実を語ろうとはしなかった。秘密めいた島民たちと外界から閉ざされた孤島で捜査は難航するが、エドワードは島にまつわる驚がくの事実を発見する。
※ヤフー映画紹介より


以下はネタバレ。文句しか言ってないよーな感想。
イギリス→アメリカにするために主人公の大幅なアレンジが行われたのはまぁしょうがないとしよう。
けど元映画がカルトの形した宗教戦争なのに、主人公から敬虔なクリスチャンと言う設定を奪った時点でけっこーな破綻だと思うわけで。
んでもって主人公のキャラ設定は現代のアメリカ人が理想とし万人が共感できる…とかどっかの映画レビューで書いてありましたが、正っ直、「え、こんな心底まぬけで傲慢バカな単細胞が理想なの?」と聞き返したくなるのは私が日本人だからでしょーかね?
まぁ私はジャックバゥアーも大変嫌いなタイプだったので、価値観の相違かもしれませんが。

まず冒頭での事故シーン。
ポリスである主人公が走行中に人形を投げた車を追いかけると乗ってたのは若い母親と幼い娘。主人公がなんやらやってるといきなり突っ込んできたきたトラックによって爆破炎上。眼の前で母娘が死んでしまったことにショックを受けた主人公、鬱病になって休職。
しかし車からは死体が出てこない上に二人の身元もまるで解らない。

この時点で意味がわかりません。
死体出てないのに身元もくそもねーだろ、とか突っ込んじゃダメか?
なに?主人公の幻なの?
心霊現象?
これ、どう考えても重要なキィなのに最後まで説明しないで無視!!?

んでもって見ず知らずの母娘助けられなかったとゆー後悔から鬱病ぽくなる主人公は何度も事故シーンのフラッシュバックに悩まされるわけですが、この設定が何処にも活きてこないのがいっそ見事だ。(>_<)

んでもって自分がそんな状態なのにその昔、勝手に消えた元婚約者に父親不明な娘を探してくれなんて手紙貰ってのこのこ電話も通じないような怪しげな島に出かける主人公。
お前の脳味噌には危機感とか人を疑うとかあやしむとか自己防衛本能とゆーもんはないんかい。
せめて保険かけてから出かけろやー!!

閉鎖された島と唯一交易してるらしいパイロットのおじさんに乗せてもらって島へ。

島では女が天下取ってて男はなんか下僕っぽい?
不気味さはよく出てると思います。気味の悪い島民、古代の儀式のような風習。
しかし元婚約者、娘探してくれと依頼したくせに主人公に投げっぱなしのうえに意味不明の行動多過ぎ。いや―お前の仕込みじゃね?とか思ったら思いっきりど真ん中でもうこの時点でラストは読めたかなぁと。
しかしこんな女を疑いもせず「俺の娘なのか!?俺の娘が拉致されて怪しげな儀式の生贄にされてしまう!?助けなきゃー!」と熱血する主人公には本気で脳味噌の代わりにオカクズでも詰まってんじゃねーのかと毒を吐きたくなるし。
このあとも主人公の数々の自爆行動に顎が落ちそうになりました。
うかつにもほどがあらぁ!とゆーか。

・怪しげな島の怪しげな宿に泊まって荷物を置きっぱなしで出かける主人公。(当然、大事なものは盗まれる)
・アレルギー持ちのくせに蜂がぶんぶん飛んでるど真ん中に突っ込んでく主人公。(当然刺されて危篤状態)
・いかにも危ないだろうそれって場所に一人で飛び込む主人公。(当然、何者かに閉じ込められて大ピンチになって助けを求めて叫ぶ羽目に)
・タイミングも行動もおかしな元婚約者が言うがままに娘を探して走り回る主人公。(結局元婚約者にも娘にも裏切られる)
・敵地で何度も意識不明になって敵に保護されて荷物も一度敵に調べられてるのに、銃に弾が入ってると信じてる主人公。(当然銃弾が抜き取られていた)

……この主人公、本物の馬鹿だろう?

まぁ結局主人公自身が騙されて生贄にされて焼き殺されちゃうんですけどねー。
この壮大な仕込みは主人公を呼び寄せて生贄にするためだったーと。

……ここまで面倒なことせんでも拉致ってさっさと殺せば早くね?
あと村は閉鎖環境の為近親婚を繰り返しててフリーセックス主義ならしいんだけど(元の映画だとちゃんと描写されてるらしい)、その辺の説明は一切無くて主人公がいきなりそれらしき非難を言うのにはびっくりしたわー。
まぁ顔の似てる人が多いからだろうけどさー。説明たんねー。

最終的なオチは胸糞悪いの一言です。
心理描写も雑。主人公がご都合主義のおバカ。伏線も散らかしっぱなしだしそもそも冒頭の事故は何なのよっつー話しで。
元映画に比べてこの映画の評価が格段に落ちるのはしょーがないかなーと思いました。
整合性が無いんだもん。

ニコラス、もーちょい作品選んでほしいなぁああ(>_<)
| 映画 | comments(0) | -
| - | - | -











(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.