Material by MIZUTAMA   /  Template by Ring the Heart
<< ロック殿堂入りおめでとうございます! | HOME | リバティーン >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
公式サイト:http://www.disturbia.jp/top.html
監督:D.J.カルーソ
出演:シャイア・ラブーフ、サラ・ローマー、アーロン・ヨー、デヴィッド・モス、キャリー=アン・モス

ストーリー:父親を事故で亡くしてから荒んでしまったケール(主人公)は教師を殴ってしまい警察ざたになり自宅謹慎処分。ひまつぶしに「のぞき見ゲーム」を始める。が、ある晩、隣人の不審な行動を目撃。付近で発生している女性行方不明事件との関係を疑うケールは、携帯電話やパソコン、ビデオカメラを駆使して猟奇犯の正体を追うのだが…。

以下はネタバレありありな感想ー

知らない監督だしあんま知らん俳優ばっかだな〜と思いつつCMが面白そうだったので、それほどの期待もせずに見に行きました。
そしたらすっごい面白かった。てゆーか怖かった!
王道って言えば王道のスリラーなんですが、なんか演出ってゆーか俳優の演技力ってゆーか、読める展開でありながらけっこー怖かった。

犯人役の俳優はなんかアンソニー・ポプキンスを思い起こさせました。一見柔和で紳士的なのに心底不気味ってゆーか。この人の演技力あってこその恐怖感だよなー。
主人公もなんか独特の顔立ちで何故かニコラス・ケイジを思い出しました。
あとアジア系俳優のコのキャラがかーなり良い味出してた!

シナリオのテンポも良くて、それぞれのキャラも面白く生きてて無理も感じられないし、昔からある王道スリラーを上手く現代風に仕立て直してます。
笑えるとこは笑えるし、主人公・ヒロインの抱えた屈折の理由もちゃんと解って共感しやすい。主人公の行動範囲が限定されているのも恐怖を煽りながらもラストへの伏線効果ばっちり。
贅沢を言うなら犯人がどうしてここまでのモンスターになっちゃっかが全くわからんとこかなー。説明が無いから怖いってゆーのもあるんだが、あれだけ殺してるんだから、最後に後日談でも良いからちょっとくらい説明欲しかったかも。

しかし教師殴ったくらいで(おい)あそこまでの措置を取られちゃうもんなのかな〜?とはちょっと思いました。
アメリカで重犯罪犯した人にああいう措置をとる州があるとゆーのは大分前に何かの番組で見て覚えがあったけど・・・?
| 映画 | comments(0) | -
| - | - | -











(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.