Material by MIZUTAMA   /  Template by Ring the Heart
<< グッド・シェパード | HOME | ロック殿堂入りおめでとうございます! >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
公式サイト:http://wwws.warnerbros.co.jp/thebraveone/
あらすじ
ニューヨークでラジオパーソナリティをしているエリカ・ベインはデイビッドとの婚約を目前に控えていた。ある夜2人で犬の散歩をしているところを3人の暴漢に襲われ、デイビッドは死んでしまう。警察の捜査に不満を覚えたエリカは、法定期間を待たずに不法に銃を入手し、犯罪者を自らの手で殺して行き、自分たちを襲った犯人を捜し出そうとする。

エリカは取材を通して刑事のテレンス・ハワードと親交を深めるが、彼は次第に彼女が犯人ではないかと疑い始める。


ジョディは大好きだけど、最近のジョディの映画は面白いとは思えない…。
てゆーか途中から工エエェェ(´д`)ェェエエ工工ってなっちゃうのが多い。途中までが大変面白いだけに残念だー…。
今回の役柄も大変ジョディらしいですね。戦う女性って感じ。社会派女優らしいと思う役でした。でもストーリー的にはもーちょい若い女性の設定なんじゃ…?とも思ったけれども。
ラスト寸前までは大っ変面白かったんですよ。
ましてジョディの演技力が素晴らし過ぎてすげー!!だったし。
電車でのシーンなんてクール過ぎて鳥肌。ホント、台詞が無くても目だけで説得力を出す女優だよなー。
確かジョディって45歳くらい?この年齢でタンクトップ、ジーンズ、サングラスを着こなすのがカッコよすぎる。ホント、カッコイイんだよなーと何度も思いました。
しかも裸が綺麗だ……。やっぱハリウッド女優はすげー…。
以下は多少ネタバレ含み。




えーっと。
そのラスト、アリですか…?('A`)('A`)('A`)
もうなんかラストでいきなり軽やかな映画になっちゃったなー…と。
今までの重苦しさは何処に…?
まぁ悪役がとってもステレオタイプで、まぁなんつーか形は多少違って見せながら実はとってもハリウッド的な「正義は勝つ!」だなぁ…とか。(遠い目)
あのさぁ、このラストで今までの葛藤とか苦悶とか善悪の境界線とか罪と罰とか法の存在意義とかが台無しになったよねー!?
肯定しちゃったー!!!Σ(゜д゜lll)といっそビックリしたよ。ある意味衝撃のラストで唖然。
うーん…たとえ同じ結果にするとしてももう少し何ていうか表現方法は無かったですか…?

まぁ犬が無事だったのはとても嬉しいです。(最初っからそこがひたすら気になってた)
暴力シーンは割と過激なのかなー…?
エグイ映画ばっか観てるんで(…)私的にはそこまで酷くは思えなかったけど。
寧ろあの状況でレ●プシーンとか入らなかったのは、ジョディが主役だからかなー…とか。
あ、でも射殺シーンはけっこうエグかったかも。エグイ場所ばっか撃ってた気が。
刑事役の人はなんか影が薄かったね。
もうひたすらジョディの独壇場でした。せめてラストがさ……。
| - | comments(0) | -
| - | - | -











(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.