Material by MIZUTAMA   /  Template by Ring the Heart
<< Liar!Liar! | HOME | B’zが緊急出演!? >>

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
評価:
シェリル・リー,レイ・ワイズ,カイル・マクラクラン,デヴィッド・ボウイ,デイヴィッド・リンチ,ハリー・ディーン・スタントン,ロバート・エンゲルス
日本ヘラルド映画
¥ 12,800
(2002-09-26)
現在公開中のD・リンチ新作INLAND EMPIREが観たくてしょーがないんですが、残念ながら地元・近隣の映画館で公開してません。(これだから田舎はよー)
映画観る為だけに恵比寿まで出かけるか・・・?いやそれも微妙・・・。
しかもリンチ作品は個人的にはすっごい好きだけど人には絶対お勧めできないので、友人を誘うこともできないしね・・・。

アリガチですがリンチ作品にはツインピークスが出会い。
でも一番最初に観たのが本編シリーズでなく本編時間枠の過去話(?)にあたる映画版、「ローラ・パーマ最期の七日間」だったので、観終わった後にマジで意味わかんねー!!」と半ば呆然としたとゆー。
しかもわけが解らないのに引き込まれたから性質が悪いってゆーか。
それから数年後にレンタルショップでひっそり並べられているTV版を見つけ、映画版のあの不思議で不可解な世界を忘れられずに手を出してみたらこれがほんっとにハマッた!
丁度時間があった時だったので10本くらいあったビデオを一気に借りてほぼ2日間、寝ないで全話観たとゆー・・・。(アホだー)

この作品の凄さは「アメリカの片田舎で発見された他殺死体は地元のマドンナ的存在だったローラ・パーマ。彼女を殺した犯人を、事件の真相をFBI捜査官(優秀&変人)が探る」とゆーとても単純明確なストーリーがあそこまで入り組んだものになるのが凄いトコで。
いやぁ・・・すんごい濃くて電波で不可解な世界でした。どいつもこいつも怪しいし。唐突的に変なキャラ出てきちゃうし。
でも最終的なオチはイマイチだったんだよなー。個人的には犯人が暴露されるまでがとても面白かった。
その後にもう一回映画版を観るとまた凄く面白かったけど。

まぁそれ以来、リンチの作品が何となく好きで何本か観てます。マイナーなので中々、レンタルショップで発見できないんだが・・・(TT)
しかしどれもこれもキッパリ電波で意味不明。でもなんか引き込まれる。
きっと新作も電波だろーなぁ。いきなり正体不明なキャラとか出てくるんだ、きっと。
| 映画 | comments(0) | -
| - | - | -











(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.